人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

人生悲喜こもごも、体験は素晴らしい

以下の文章は私が親しくしている女性経営者で
日頃から私の事を親分、親分と呼んでいる人から
のメールです。私信ではありますが一人の女性として
目出たい再スタートを切った祝福すべき事柄なのであえて
紹介します。

親分! こんばんわ △△です

実は○○にだまされました。
悔しさをバネに半年、後悔ではなくて、絶対これを飛躍のきっかけに
するんだと言い聞かせて、意地で精一杯頑張ってました。
資金的に半年までが限界と思っていたので、必死でしたが、
今日がギリギリその半年目になる3日前、成約の目処がつきました。
奇跡のような思いです。

しかも、ビッグ成約になるでしょう。
その返事をもらったのが上野の近くだったので、上野公園で、思いっきり
嬉し涙を独り流して帰ってきたら、親分からメッセージが入っていました。
これは、エールだと思いました。

今回の成約の全てのご縁が、これまでの人生で培った
大事な人脈のなかの人達でした。応援してくれたのです。

慣れないニュービジネスの仕事でしたが、半年前に戻れば、
傷も無いってものだと割り切ろうと思う事が出来ました。

半年間の嫌な思い出を払拭して、今日から心一新して、又、
頑張ろう!私を良く知る人達みんなに応援してもらいたい!・・・
そんな私の今の心境を、見ているかの様な親分からのメーセッジでした。
驚きです。

今後も親分とのご縁を大切に、少しでも親分の志のお役に立つよう
やっていくつもりですのでご支援下さい。 感謝!!!!!!!

by kenjyuojisan | 2008-10-31 09:02  

生きがいを取るか? お金を取るか?

今朝早朝から1時間も掛けてブログを完成させたのに
ついうっかりして誤操作で文章を消してしまった。

主題は高齢者の問題だったがその後日中気が変わり
急遽我が家で当面している問題に切り替えることにする。

我がファミリーの7番目の娘は米国に嫁いでいる3女の
影響によるものか学生時代から語学に興味があり、米国に
留学して語学を身につけ、帰国後はある有名ホテルに就職し
コンセルジュとして活躍している。

私は日頃から子供たちには自分でよく考えて好きな道
やりたい事をやりなさいと言い続けてきた。そのせいか
進路は皆好きな事を選びそれぞれがチョイスした人生を
歩んでいる。

その娘が最近、お父さん相談があると新たな人生設計の
道を語り始めた。

それは以前から考えていたそうで今の仕事(コンセルジュ)
にたいして不満はないが何か物足りない。自分にはもっと
目指すべき別の道があるのではないかと思いながら毎日を
過ごしていたが、最近やっとその道を見つけたというでは
ないか。

それは子供たち(未就学児及び低学年)に英語を教える
というもので、来年から法律で小学生も英語が必須科目に
なるという。

キッズイングリッシュの先生になるという。よく聞いて
みると既に会社には来年早々には退職したいと申し出て
いると言う。今のところ会社からは強く慰留されているが
気持ちは変わらないという。新しい進路は職業として確立
されていないので無論減収は避けられない。

また8番目の次男の息子は、10年間飲食業に従事し、
店長としてキャリアを確立していたが、このたび退職し、
第二の人生を歩む事になった。それを聞いて2、3の同業
からスカウトがかかり手取り30万以上の条件でどうかと
それぞれ話しが来た。

しかし息子は、自分は学卒以来飲食業以外の道を知らない
ので今後は社会人として幅広く世間を知りたいと断り、
他の道を選択した。自ら考え自分の性分に会ったある
中小企業の営業の道を選んだ。

これもよくよく聞いてみると初任給は20万にも満たない
という。今は8人の子供たちのうち、この二人が親と同居
しているが二人とも安定した職には見向きもせず新たな道
に進むと言う。

親は好きな道に進めと言ってきた以上反対も出来ない。
まさにお金より生きがいを選んだのである。あとは幸
あれかしと祈るのみである。

by kenjyuojisan | 2008-10-30 19:48  

反省は一瞬、後悔は禁物

人生いろいろ失敗もあれば成功もある。
最近の有名人、芸能人の危機管理処理で
考えさせられるものがある。

成功例では扇千景(元参院議長)の夫の名優
が祇園名妓との不倫報道に取材を受けたとき、
かんらからからと笑い飛ばし「役者が女性に
持てなくてどうしますか、あの年で現役で
あることを証明しただけでもたいしたもの
じゃないですか」と明るく答えマスコミ報道
を鎮静化した事例がある。

また最近では関西の落語家(漫談家)月亭可朝が
ストーカー容疑で逮捕され、不起訴にはなった
ようだが早速の復帰会見で底抜けの明るさを
振りまきピンチを切り抜けた。

失敗例では生意気キャラで売り出したエリカ様が
その態度の横柄さと口の利き方に集中砲火を浴びて
しまった。慌ててテレビ放送で独占取材を受け、
さめざめと涙を流し謝罪会見をしたがそれ以来
消えてしまった。

あの場面では自分のキャラを守り、「それがなにか」
「別に」と押し通せばそれなりに生意気キャラが定着し
存在価値が高まったに違いない。

過去は変えられない。底抜けの明るさがピンチを救う。

by kenjyuojisan | 2008-10-29 07:11  

今の経済はガラガラポンの時代の前兆か?

株価が1982年当時まで26年振りに最安値に氷りついた。
丁度私がバブルに踊って株の投機に走った当時の水準迄下がった。

当時は毎日株の上げ下げに一喜一憂し、胃が痛くなるような
毎日を過ごしていた。それが今はどうだろう。あれ以来株とは
無縁の生活で現在の株価を横目で見て人ごとで過ごしている。

私の周りにも株は投機目的でやるから危険なので投資目的で
やるなら安全だといっていた輩が今はおろおろしている。

こう考えてみると世の中考えようによっては公平で、株持ちの
資産家は枕を高くして眠れないが、無資産者は平然として過ごせる。

このまま行くと世の中大きな社会変革が起こりそうでひょっと
するとガラガラポンの時代が現出するかも知れない。長い経済
レースで一番先頭切って走っていた者が次ぎ次ぎとこけ、ビリ
だと思っていたものがけっこういい順位に繰り上がる現象が
起こるかもしれない。

こうなると気持ちの問題で、突然の社会情勢の変化に翻弄されず
あってよしなくてよしと神経を太く持って生き延びないと神経症で
まいってしまう。

結果今は、何があっても目減りしない大きな志を持っている者が
一番強いのかも知れない。

by kenjyuojisan | 2008-10-28 08:31  

ポジテイブな言葉で若返る

昨日書店を散策していると店頭に「人は口癖から老化する」
(著者:佐藤 富雄)という本が目につき手に取って拾い
読みした。

それによると、私たちの身体は口ぐせ、どんな言葉を
口にしているかかに支配されます。普段から『自分は若い』
と言っている人は意識も若くなり、脳がいきいきとします。

すると身体を動かしたいという気持ちが自然に生まれ、
行動が変わります。逆に年だからと否定的な言葉ばかり
を使っていては老けてしまいます。

また早足で歩くことも効果があり、1秒に2歩のペース
で歩けば、成長ホルモン、サイトカイン10や、脳を〝快〟
の状態にするベータエンドルフィン、希望のホルモンと
いわれるドーバミンがいくつになってもふんだんに
分泌されます。

こうなると身も心も若返り、さらにポジテイブな
言葉を口にするようになります。これが「老けない人」
の好循環です。日ごろなにげなくつぶやいている言葉を
ちょっと見つめ直すだけで10歳、あるいは20歳若返る
キッカケをつかむことは十分に可能なのです。

by kenjyuojisan | 2008-10-27 09:47  

高齢者に一番大切なものは生命力

今の日本が超高齢社会に突入していることは紛れもない
事実です。年々平均寿命は上昇し、戦後謳われた人生
「5、60年時代」から今や「人生80年時代」となり
近い将来「人生100年時代」も間近と言われています。

平均寿命が伸びた原因は総じて生活が安定し、医学や科学が
進歩し、健康志向が高まったことも主因ですが、大きな原因は
乳幼児の死亡が減少したことと、感染病が医学の進歩によって
激減したことだと言われています。

私の周辺を見ても皆長生きし60、70は老人だという感覚は
皆無です。しかし一見元気そうに見えてもどこか身体の不調を
抱えながら生きている人が多く、WHOのいう健康とは「心身と
も全き健全であること」とは縁遠いと思います。

この傾向は今後も続き、半病人・プチ病を抱えたままの人たちが
ますます平均寿命を伸ばし、総じて平均寿命上昇の底上げがなされ
と思いますが反面長命寿命は伸びないと思います。

センテナリアン(百寿者)は3万人を超え今や100歳になっても
金さんや銀さんのように騒がれなくなりました。最長齢者は頭打ちで
過去沖縄の泉重千代さんが120歳を記録してから120歳超えは
絶えて久しく、これからも難しいとされています。

現状高齢者人口は生存率は高くなっても真の意味で健康で明るく
元気な老人は少ないと言うことです。百寿者の60%は寝たきりです。
確かに我々のように健寿意識に目覚め社会的に活動している一部の高齢者は
生き活きしていますが、大多数の高齢者は元気をなくし80過ぎになると社会
参加しなくなります。

これから政府は腹をくくって長期の高齢者対策を作成しないと
大変なことになると思います。様々な社会問題が発生しますが
世界中でどこを見てもこのようなモデルがなく、日本独自の社会
システムを構築しなければなりませんが、現実には政府の策は後手
後手に回っています。

こうみてくると自分の人生や健康は自分で守る気概と自立精神が
ないと生きて行けません。個人で人生の終末迄明るく元気に幸せに
生きて行くためには個々の生命力を養わなければなりません。

by kenjyuojisan | 2008-10-26 10:26  

善の総量が悪の総量を上回る

ある人が昔の賢人福沢諭吉に天国の入り口に
行ったとき閻魔さんは善人かどうかどのように
判定するのでしょうかと聞いたそうだ。

諭吉さんは「それはその人の過去の人生全てが
走馬灯の様に現われて、悪の総量が善の総量を上
回れば地獄へ、善の総量が悪の総量を上回れば天国
行きと即座に判定する」とのたまわったそうだ。

人間、神ではないので聖人君子のような生き方は
出来ない。仏教では10界と言って上は仏界、菩薩界、
最低は餓鬼界地獄界と常に人間はこの十界の性を互具
しているという。

だから人間界においては修練をして少しでも上の
境涯に行けるよう努力しなければならない。
しかし、凡夫ゆえつい過ちや過失を犯してしまう。

だが救いはある。今の自分はこれまでの人生で悪の
総量が善の総量を上回っていると自覚すれば一生懸命
努力して善の貯金を心掛ければいい。

時間が足りないと思えば人生二元論を実践して二元
人生を充実させればいい。健康長寿を心がけさらなる
大きな夢を構築し、それに向かって日々精進すればいい。

人生の最後に、ああ俺も、私も、善が悪の総量を上回った
なと自覚したときピンピンコロリで逝ければ大手を振って
閻魔さんのところに行ける・・・・・。

by kenjyuojisan | 2008-10-25 08:46  

健康・経済・と心を切り離す

昨日自殺の原因の大半は健康問題と経済問題
だと述べたが、その主因はそのことによって
心が壊れることから起こる。

病の不安から先行きを悲観して神経障害を起こしたり
経済問題から前途を悲観してウツが原因で自殺を引き
起こす例が後を絶たない。

それらの不安要素をどのようにして受け止めるかが
大きな問題となる。そんな悪球はストレートに受けない
ことだ。どんな問題も考えようでいい面と悪い面がある。

例えば健康の問題でもそのお蔭で人の優しさを知ったり
健康の大切さを知ったり、信仰が深まったり、利点は
いくらでもある。お金の問題も、なければないなりに
生活出来るしお金がなければ振込め詐欺に引っかかる
こともない。貧窮が家族の心を一つにし一家の団結が
深まることもある。

要は、世の中で起こる不幸な出来事と自己の心を切り
離すことが出来れば最上だ。自分の心はいつも明るく、
何があっても大丈夫と心定めをし、いつもプラス志向
でものを考え、未来は明るいと建設的楽観主義で生きる
ことが生命力を旺盛にする。

過去と他人の心は変えられないと言うが
自分の心は変えられる。

私は言葉の魔力に魅かれると同時に、これまで先輩の
明るい前向きな言葉が言霊となってどれだけ救われた
ことか。言葉一つと言うが、時と場面によっては千金の
重みがある。

私の部屋には心が明るくなるような数々の言葉が貼られて
いるがその中の一つを紹介するとこんな言葉がある。

    今日もあしたも
    明るい。

    何があっても
    大丈夫
   
    明るい未来は
    自分が作る。
          
       蓮井 日源
  

by kenjyuojisan | 2008-10-24 08:30  

人生を支配する

果たして人生を支配することなんて出来るだろうか?

先ず身体の健康、己の健康状態を知ることは出来る。
しかし身体の機能は操ることは出来るが身体を支配
することは難しい。

次に家庭の健康、家族のスタートは夫婦単位から始まる。
これも出逢いによる運の要素と相性に左右される。この
関門を突破するとあとは夫婦仲良く家族をまとめれば
ある程度支配することは出来る。

3番目に生活経済の健康、これはかなり性格と才覚と運に
左右される。うまくいっている時は錯覚し、自分の才のせいと
自惚れるが、そういう人は一旦落ち込むといっぺんにぺしゃんことなる。
いずれにしても経済は増えたり減ったりするものだからたいしたことはない。

しかし諸問題は経済から起こる場合が多い。金銭の問題は極めて
個人差が大きい。100万円の借金に悩んで自殺する人がいるかと
思えば何十億の借金にもたじろかない人もいる。自殺の主因はこの
経済の問題と健康の問題から派生しているのでこの問題を支配する
より支配されている人のほうが多いということがわかる。

最後に心の健康であるが、この問題が一番大きい。身体の不調から
心が病み、家庭の不和から心の変調を来たし、経済の破綻から
ノイローゼや家庭破壊を引き起こす例は枚挙に暇がない。

こう見てくると人生を支配することなど無理ムリと言うことになるが
支配など出来なくても人生を適度にコントロールすることは出来る。

それには己の心を自己制御出来れば人生を支配出来なくてもそれに
近い人生を制することは出来る。なにがあっても心が人生を制する。

by kenjyuojisan | 2008-10-23 07:49  

経済格差拡大の問題点

現在も未来も高齢者を取り巻く社会環境は暗い話題が多い。
健康の問題、経済の問題この二つの問題が年間3万人以上の
自殺者の7割を占めている。

しかもこの問題は減るどころか超高齢化社会の進展とともに
年々増え続けている。小泉政権の時代から改革の名の下に勝者
劣敗の資本主義が横行し、お金を持っているものと生命力が
強いものしか生き残れない社会環境になりつつある。

これ迄もアメリカモデルを追いかけ追いつけとばかりに特に
竹中平蔵大臣はこれを是として突っ走ってきた。その結果が
経済格差を生み、それがやがては社会格差を生じ様々なひずみ
となって社会問題化している。

アメリカの経済問題の格差は凄まじくアメリカ人口の2億人の
総資産の半分をトップ400人の人たちが占めてい、残りの半分を
その他の人たちが占めていると物産総研の寺島理事長が述べていたが
にわかには信じられないほどの格差である。

そういえば先日倒産したアメリカの証券会社の前年度のCEOの
年収が数百億円だったと暴露され、世間から指弾されるともに
アメリカ議会でも問題になった。その経営者は公聴会に呼び出され
社会的責任を問われたがカエルの面にションベンで終始はぐらかし、
その模様がテレビ放映され納税者から反感を買い、反発と怨嗟の的となり
そのことで政府の公的資金の投入が遅れた一因ともなった。

経済格差の拡大はやがては社会格差となり健康格差の引き金となり
確実に社会秩序の崩壊へと繋がって行く危険性がある・・・・・。

話しは変わるが昨日は私の50歳(成人年齢)の誕生日であった。
8人の子供たちから様々なお祝いのメーセージをもらったが親ばか
で照れくさいがここに長女の祝文が下記ブログで公表されているので
一読願えれば幸甚です。


      クローバー日記にジャンプ

by kenjyuojisan | 2008-10-22 09:58